各種手続き



安全・生活情報



その他


 

 

 

運転免許証

 

 

1 国際運転免許証

 

国際運転免許証には2種類あり、日本はジュネーブ交通条約に、クロアチアはウィーン交通条約に基づいて発給されており、通常は一方の条約に基づいた国際運転免許証ではその条約国以外の国においては運転できないとされています。
これに対してクロアチア政府によれば「日本で発行した国際運転免許証は有効」と寛大に認容しており、当館にも邦人旅行者の免許に関するトラブルは一切報告されていません。しかしながら根拠となる条約や法令を示しているわけではなく、今後変更になる可能性もないとは言い切れませんので、渡航前には予め駐日クロアチア共和国大使館(東京都渋谷区広尾所在)にご相談いただきますようよろしくお願いします。

 

2 他国の運転免許証

 

クロアチアにおいては、ウィーン交通条約加盟国の運転免許証で運転することが可能です。

 

3 日本の運転免許証からの切り替え

 

日本の運転免許証をクロアチアの運転免許証に切り替えるには、お住まいの地域を管轄する交通警察署(Postaja prometne policije;ザグレブはHeinzelova 98所在)において、以下の手続きが必要です。

 

(1)必要書類

ア 一時滞在登録
イ 法廷通訳人による日本の運転免許証の翻訳

※ 自動車運転免許証抜粋証明は使用できなくなりました

ウ メディカル・チェック
エ 主治医からのコンファメーション(Potvrda lijecnika opce prakse za vozacku dozvolu)及びクリニックでの健康診断

(Uvjerenje o zdravstvenoj sposobnosti za upravljanje vozilima;目の検査とIQテスト)

 

外国人を対象とする病院はこちら

オ 旅券

カ 写真2枚(3.5 cm ×3.0 cm )

キ 日本の運転免許証のコピー(両面)

ク 税及び手数料(2013年2月現在、70クーナ分の証紙/Biljega及び40クーナの手数料/Uplatnice)

 

(2)手続き

交通警察署の窓口で証紙を購入し、手数料を支払った上で申請書(Zahtjev)に必要事項を記入します。
書き換えに必要な書類一式を窓口(ザグレブの場合は39番のオフィス)に持参し、担当官の確認を得て、一般用の申請窓口「A」に提出します。
なお、クロアチアの運転免許証は、通常は即日交付され、有効期限は10年です。

 

  

手続きについては、予告無く変更されることもありますので

詳細については、最寄りの警察署にお問い合わせ下

さい。

 

なお、クロアチアは運転免許証を2つ持つことは禁じられているので、クロアチアの運転免許証に切り替えた場合、

日本の運転免許証は警察に提出することになります。

同運転免許証は、後日(通常数ヶ月を要する)、クロアチアの外務省経由で当館に届きますので、帰国等で必要な

方は当館領事班までご相談下さい。

 


4 クロアチアの運転免許証から日本の運転免許証への切り替え

 

クロアチアの運転免許証から日本の運転免許証への切り替えを行うには、適正試験のほか、知識の確認(筆記)及び

技能の確認を行います。

詳細につきましては、こちらをご覧ください。

 

 

5 リンク

 

運転免許(外務省)