大使館案内

大使挨拶

駐クロアチア大使 嘉治美佐子

 ドバル ダン(これ、クロアチア語でこんにちは、という意味です。)、

 

 本日、コリンダ・グラバル=キタロビッチ大統領に天皇陛下の信任状を奉呈、おことばをお伝えしました。これで、公式に駐クロアチア日本国大使となりました。背筋を伸ばして励みます。

 私と前後して着任した韓国大使、中国大使も、今日引き続いて夫々大統領に信任状を奉呈しました。各国大使による奉呈に引き続き大統領主催の簡単なレセプションがあり、アジアの友邦の大使たちとも交流することが出来ました。

 

 この1ヶ月の間にも、日本とクロアチアの関係は進展を見ました。6月初め,ヤンドロコビッチ議会議長が、大島衆議院議長の招きで訪日され、天皇皇后両陛下がご引見されたほか,大島議長、伊達参議院議長、安倍総理、河野外務大臣と会談、広島や京都も訪問されました。これから訪問の成果をフォローして行く所存です。また,日本とクロアチアの租税条約も、5月29日に日本の国会で、6月14日にクロアチア議会で承認されました。

 

 ここ1ヶ月、私も着任挨拶のため、色々な国の駐クロアチア大使を、ザグレブ各所にある大使館にお訪ねし、お話を伺いました。クロアチアは建国30年を前にした若い国ですが、来年前半はEU議長国でもあり、国際的な注目度は極めて高いことが伝わって来ました。

 

 クロアチアのオリンピック委員会のマテシャ会長と、パラリンピック委員会のコバチッチ 会長ともお会いする機会がありました。東京オリンピック・パラリンピックの開催まで、それぞれ392日,424日となりました。クロアチアは、人口四百十万の国ではありますが、100人ものオリンピアンと、25人ものパラリンピアンの出場が視野に入っているそうです。クロアチアに販売網を持つトヨタは、これらを盛り上げようと活発に取り組んでいます。

 

 日本大使館はザグレブの街の中心部にあります。先日は、クロアチアでの投資環境調査のため、長野県から21世紀ニュービジネス協議会の視察団が来訪されました。街の南西部には、9年前に出来たJTI(日本タバコ・インタ-ナショナル)の支部が、新規改装で開業されたところです。

 

 国際協調に参画する民主国家の足固め、自由主義経済国としての発展、スポーツ大国としての更なる飛躍、そんなクロアチアを、政治、経済、文化、様々な分野の交流を通じて、オール日本で支援して行きたい、そんな思いを新たにしています。どうぞよろしくお願い致します。

 

2019年6月27日
駐クロアチア特命全権大使
嘉治 美佐子

嘉治美佐子特命全権大使略歴

東京大学経済学部卒、オックスフォード大学修士。

在英日本大使館、欧州連合日本政府代表部、在ベトナム日本大使館、国際連合日本政府代表部、国連難民高等弁務官(UNHCR)、総理官邸に勤務。外務省人権人道課長、儀典総括官、中東アフリカ局審議官などを歴任。

2012~14年東京大学教養学部教授、2014~16年在ジュネーブ国際機関日本政府代表部次席大使、2017~2019年一橋大学教授。

著書に『国際社会で働く 国連の現場からみえる世界』 NTT出版 2014年がある。


これまでのご挨拶

Get Adobe Reader

Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。